病気予防と治療の手引き書|様々な病魔の基盤にいる脳梗塞

医者

がんの新しい治療法

先生

がん治療の今後の動向予測

これまでのがん治療は、抗がん剤を使った薬物療法と放射線を使用する放射線療法、外科手術で病巣を摘出する3種類の方法が主流であった。これらの治療法は、がんの3大療法と呼ばれている。医学の進歩によってがんの3大療法も進歩して、不治の病と言われていたがんは治療可能になった。現在はこれまでの3大療法に加えて免疫療法が誕生し、免疫療法はがんの第4の治療法と呼ばれている。免疫療法の特徴は、人間が本体持っている免疫力をがん治療に応用したことである。人間の血液の中に含まれているリンパ球は、体に侵入してきた細菌やウイルスを攻撃し、がん細胞に対しても攻撃をする働きがある。免疫療法はリンパ球の力でがんを治療する療法で、自分自身のリンパ球を使用する点で画期的である。今後も免疫療法でがんの治療を受ける人は増えると予測される。

がん治療の注意点

放射線療法や抗がん剤を使った化学療法は、がん細胞を死滅させる効果が得られるが、毛が抜け落ちたり、猛烈な吐き気などの重い副作用がある。人によっては副作用によって寿命が縮める場合もあるので注意が必要である。外科手術によるがんの治療は、初期段階のがんの治療には有効であるが、全身に転移しているがんに対しては、外科手術をすることは困難である。外科手術は万能な治療法ではないので注意を要する。免疫療法は、自分自身の免疫力を使ってがんの治療をする療法である。放射線療法や化学療法のような重い副作用は少なく、がん治療を楽にできる点が大きなメリットになる。外科手術が困難ながんも治療することができ、免疫療法は第4のがんの治療法として注目されている。