病気予防と治療の手引き書|様々な病魔の基盤にいる脳梗塞

医者

検索サービスを利用する

悩み

平野区で病院を探す際には、病院検索サービスが便利です。検索サービスを利用して、より詳細条件に絞って探すことで、自分にあう病院を見つけることができます。また口コミやクリック数については、外部サイトの情報と比較検証することも大切です。

View Detail

がんの新しい治療法

先生

これまでのがん治療は、外科手術と化学療法、放射線療法が3大療法と呼ばれていた。免疫療法は第4のがんの治療法で、重い副作用が少なく、外科手術が困難ながんの治療も可能である。免疫療法を受ける人は今後増えると予測される。

View Detail

起きる原因

先生

脳梗塞というのは、脳の血管がつまって脳の組織が壊れてしまった状態をいいます。これには脳血栓と脳塞栓の二種類あり、原因にも違いがあります。このどちらかというのを見分けるには症状からは難しく、詳しい検査が必要です。この脳梗塞はある日突然起こるといったことは比較的少ない病気です。そのため予防することも、ある程度は可能となっています。そこで人気となっているのが脳ドックです。脳梗塞というのは脳の血管がつまる病気ですので、脳ドックを受けることによってその危険性を事前に察知し、予防に役立てるというわけです。これは高齢になるほど人気が高くなっています。というのも脳梗塞は動脈硬化や心臓に病気を抱えている人ほど起きやすいものですので、そうした懸念が増えてくる高齢者ほど脳ドックを希望する傾向が強くなります。近年では比較的簡単に脳ドックを受けることもできますし、高齢でも体力を必要としませんので気軽に受ける人 が増えているのです。

脳梗塞が起こるのは、動脈硬化や心臓病が原因となるといったことは広く知られています。ですが病気にばかり気を取られず、血圧にも注目しておくことが大切な病気です。というのも脳梗塞は、血圧が低い人に起こりやすいといった傾向があるのです。そのため、血圧の低下する睡眠中に起こることも少なくありません 。ですので原因となる病気を抱えている場合には、血圧にも注意を払っておくと安心でしょう。また血圧の高い人でも、血圧を下げる薬を服用している人は要注意です。医師の指示通りに服用している分には問題ありませんが、血圧が高いからといって自己判断で薬の量を増やすのは危険です。必要以上に血圧を下げてしまい、脳梗塞の誘因となってしまうこともあるのです。様々な病魔の基盤にいる脳梗塞を知って予防していきましょう。

成功率99.8パーセント

女の人

心筋梗塞を発症してしまった場合には、詰まった血液の迂回路を作るバイパス手術が行われます。こちらは比較的素早く治療することが出来ますが、やはり一番重要なのは予防です。定期検診を受け、自分の体調を日頃から改善していきましょう。

View Detail